レディ

グループウェアで社内環境の最適化|企業内における効率的な情報管理

システム導入の方法

背広の男女

企業に勤める全ての従業員は、人事部門によって管理されます。その主な管理というのは、各従業員が何時に出社し、何時に退社したかなど細かいもとなっているでしょう。一昔前までは、紙媒体であるタイムカードでそういった管理を行ってきました。しかし、タイムシフトカードの場合、破損リスクや紛失リスクが発生する他、各従業員の出退勤情報の管理が煩雑なものとなってしまうのです。そういった問題を解決するために、勤怠管理システムと呼ばれるものが登場しました。勤怠管理システムは出退勤管理をシステム上で行うことのできる便利なシステムで、近年ではほぼ全ての企業に導入されています。
勤怠管理システムの導入を検討する際には、導入方法の異なる製品の何れかを選ぶことになるでしょう。その導入方法というのは、オンプレミス型とクラウド型の二つです。元々はオンプレミス型のシステムが主流でしたが、導入時にコストと手間が掛かるといったデメリットがあるため、近年ではクラウド型の導入方法の需要も高まっているようです。クラウド型の場合、インターネットを介してシステムを利用できるため、導入時のコストと手間がオンプレミス型に比べて掛かりません。クラウド型の勤怠管理システムを導入した場合には、それが最大のメリットとなるでしょう。しかし、それにはデメリットも存在します。そのデメリットというのは、セキュリティ面への不安です。クラウド型のシステムはインターネット上で利用するシステムのため、多くの人はそのセキュリティに対して不安を抱きます。多くのクラウド型システムは万全なセキュリティの下に提供されていますが、どうしても不安だというのであればオンプレミス型のシステムをお勧めします。