オフィス

グループウェアで社内環境の最適化|企業内における効率的な情報管理

図面の作図を効率化

PCとスーツの男女

電気申請図面の作図を汎用CADで行っている事業者というのは、少なからず存在するでしょう。電気CADを導入することで、汎用CADで作図していた時の電気申請図面の作図時間を大幅に短縮することが可能です。

詳しく見る

システム導入の方法

背広の男女

企業において、勤怠管理システムの導入を検討する際にはその導入方法にも注目する必要があります。勤怠管理システムの導入方法には、オンプレミス型のものとクラウド型のものがあり、それぞれ大きく異なった特徴を持っているのです。

詳しく見る

グループウェアの特徴

ネットワーク

企業において、時間というのはお金と同等に重要です。企業内における電子メールでの連絡というのは、一日の内に一時間半から二時間のタイムロスを発生させているといれています。それは、企業にとって解決すべき課題の一つでしょう。そのタイムロスを短縮することができれば、コア業務の集中化を図ることも可能になります。電子メールによるタイムロスを解決するためには、使用する連絡ツール自体を変更しましょう。
電子メールの変わる連絡ツールとして、グループウェアがお勧めです。グループウェアというのは企業向けに改良されたチャットシステムで、その利便性の高さから多くの企業から注目されています。チャットシステムと聞くとセキュリティに不安を感じてしまうかもしれませんが、グループウェアは企業向けに改良されたチャットシステムですのでセキュリティも万全なものとなっています。そのため、企業であっても安心して業務内容に関する連絡を行うことができるでしょう。グループウェアの特徴としては、チャット形式の連絡によるリアルタイム性のあるコミュニケーションの実現にあります。社内における従業員同士の交流を円滑化することが可能な他、表やグラフ等の情報共有も容易に行うことができるのです。グループウェアの欠点としては、役職を超えたやり取りに適していないといった点にあるでしょう。あくまで、部門間や従業員同士での連絡に使用することが前提となっています。

効果的な情報管理方法

IT

企業における情報管理というのは、煩雑で手間の掛かるものでした。ERPパッケージを導入することによって、全ての情報の一元管理が可能になります。それによって、情報共有の円滑化と運営状況の可視化が実現するでしょう。

詳しく見る